現地のインド英語と文化(その1)インドビジネスを進めよう

前回はジャングリッシュ(日本人英語)についてとりあげましたが、今回は現地のインド英語について、です。

現地の、と書きましたが、日本や海外にいる国際的なインド人には必ずしも当てはまらない可能性があるということ(さくらランゲージで英語のお手伝いをいただいている優秀な先生を含め)、また本記事は違いについて面白おかしく取り上げるのではなく、いかに理解して、ビジネスをよりよく進める糧にするか、ということにフォーカスしてインド英語を語っていきたいと思います~。

 

(参考)様々なインド英語をまとめた動画

 

まず初めに…いきなりですが、どうやってインド英語を聞き取るかということについてお話します。私は今でも時折、話者の出身国を問わず、商談等の英語通訳を引き受けるのですが、そのとき、対象国の人が英語で話す動画を見てから臨むようにしています。特に、いわゆるネイティブとされる国出身者以外(あるいはネイティブでも訛りが特に強いとされる地域。映画trainspottingなどはそれで有名ですね)の方がメインの話者になる場合は必ず、です。そして、全体を通して、発音の癖を見ていきます(正確には、いろんな国の人の英語の発音自体はこれまで経験済みであるため、頭の中で改めて微調整する感じです)。余裕があれば、おそらくこれが実際は一番大切なのですが、実際に自分でもまねて発音してみます。いわゆる音読です。

 

例えば、インド英語の場合代表的なものとしては

r をやや巻き舌で、「ル」のように発音する、ということ(正確にはアラブ諸国などでも)

car  だったら、

カール

のように発音する人も多い。これを知っているだけで、聞き取りやすさがぐっと変わるかもしれません。

parkは

パルク

です。

また、その他に特に印象的な発音としてはそり舌音です。英語でtとdと表記するところに多く、この音が現れます。実際、インドの公用語であるヒンディー語では、tとdとは別の(そり舌発音の)文字が当てられます。

ticket  ティケット  टिकट(ヒンディー語表記)

doctor ダクタル    डॉक्टर    (ヒンディー語表記)

※上の英単語は、それぞれインド英語の発音のページにリンクしています。

これら、「ティ」と「ダ」「タ」の音はそれぞれ、舌の位置をより奥に当てる(専門的にいうと、「舌先の裏を上位器官に接触もしくは接近させる」)ようにして発音します。

 

その他にも、単独の音として、これをおさえておけばぐっと聞き取りやすくなる、というものがあと5つくらい存在します(音以外の要素もあるのですが)。その2以降で触れるかもしれませんし、もしご興味があれば個別にお問合せください~。

 

そして当然ですが、インド英語を極めれば、聞き取りやすいだけではなく、相手にもよく伝わるようになります(日本人に比べて、圧倒的に英語のリスニング力がある人が多いですが)。最近現地に長く住んでいるフランス人の人に会う機会があって、正しいインド英語の発音を使いこなしていたことに驚きました。きっと、仕事でもうまくコミュニケーションをとれているんだな、とも感じました。郷に入れば郷に従え、と言いますからね!

 

次回(現地のインド英語と文化シリーズの)、音に加えて、インド人との間で盛り上がるトピック(スモールトークに使えるような)などについても触れていきたいと思います。

 

おまけ。英語をタイプすると、自動的にヒンディー語に変換してくれるサイトをここにご紹介します。ご活用ください。

 

また、今日のランチシリーズとしては、(ランチじゃないけど)、上野のハリマ・ケバブビリヤニを。正直、あまり教えたくないほどおいしい。個人的にはここのおすすめはビリヤニよりケバブ。店内はきれいだしハラールフードだから、接待にも使いやすいかも。

ハリマケバブ

 

今日は以上です。

 

さくらランゲージインスティテュート

代表 上田怜奈

お仕事のご依頼は下記のホームページお問合せからお気軽に。

https://www.sakuralanguage.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中